大型自動車の免許の取り方、取得方法まとめ 運転免許の情報なら「メンキョBuzz」

  1. 大型自動車の免許の取り方、取得方法まとめ
  1. 大型自動車の免許の取り方、取得方法まとめ

免許取得

大型自動車の免許の取り方、取得方法まとめ

2015年01月20日

大型自動車免許では自動車学校に通う場合、所持免許によって受ける教習が異なります。今回は大型自動車の免許を取得する場合の所持免許による教習の違いや、技能教習の内容、視力の条件について説明します。

大型自動車免許の受験資格

21歳以上で普通免許、中型免許、大型特殊免許のいづれかの運転経歴が3年以上である事です。

また視力は普通自動車、普通二輪と異なり、「両眼で0.8以上、片眼でそれぞれ0.5以上必要。」の他に、深視力という遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力検査があります。三桿法奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2cm以下であることが条件です。

自動車学校に通うか、免許センターで受けるか

大型自動車免許を取得するにあたって、自動車学校を卒業し技能試験を免除するか、免許センターで技能試験を受けて取得する二つの方法があります。

教習所を卒業した場合の合格率は、平成25年度の場合99%です。免許センターで技能試験を受けた場合の合格率は、平成25年度の場合3割、平均試験回数が3.4回です。

自動車学校に通う場合

今回は自動車学校に通う場合に確認しておきたい点と、教習内容について説明します。

所持免許によって受ける教習が異なる

所持免許によって、技能教習・学科教習の内容、時間数が異なります。所持免許毎に必要な教習の時限数を図にまとめました。

大型自動車免許の所持免許別、教習時限数

第一段階は仮免許の取得まで

技能教習の内容は坂道発進の他に縦列駐車、方向転換を第一段階で行ないます。

路端停止・発進と隘路(隘路)があります。路端いっぱい(30cm未満)に沿って車体を平行に駐停車させた後、 車体左側後方の安全確認を行い、前方障害物を回避し発進するという項目です。

隘路とは右折又は左折で進入路(幅6m)からはみ出さないように進入し、止まることなく90度方向を変え、幅3m、長さ12mに引かれた2本のラインの範囲に車体を収める項目です。

最後の教習で見極めに合格すると修了検定を受け合格すると仮免許が交付されます。

第二段階では卒業証明書を交付される

第二段階では普通自動車と同じように路上教習で、内容は第一段階とほぼ同じです。

見極め合格後に卒業検定を受け合格すれば合格すると卒業証明書が貰えます。

自動車学校の卒業後は免許センターへ

教習所を卒業したあとは免許センターに行き適性検査を受ける必要があります。大型免許は学科試験がありません。

冒頭の「受験資格」でもふれましたが、適性検査の内容は視力が両眼で0.8以上かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること、三桿法奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2cm以下であることの2点です。

合宿免許もあり!

大型免許は合宿免許もあります。短期間で取得したい場合は合宿免許に参加するのも一つの手段です。

さいごに

大型免許の取得方法は自動車学校を卒業し免許センターで技能免除し適性検査を受けるか、免許センターで技能試験を受けて合格し適性検査に合格することによって取得できます。

メンキョBuzzで口コミから教習所を選ぼう

ニュース・コラム一覧に戻る

地方から教習所・口コミをさがす

このサイトについて

「メンキョBuzz」は、全国216件の自動車学校(運転免許教習所)、311件の口コミを掲載するWebサイトです。実際に入校したユーザーの口コミや評価を基にしたリアルな口コミ・評判で、自動車学校選びの不安を解消します!

メンキョBuzzから入校すると、
お祝い金がもらえます!

提携する自動車学校様に当サイトから入校をお申込みいただくことで、通学で最大5,000円、合宿で最大1万円のお祝い金を進呈しております。少しでも安く免許を取りたい方はぜひご利用ください!

運転免許なら「メンキョBuzz」の大型自動車の免許の取り方、取得方法まとめに関する記事です。メンキョBuzzでは、他にも運転免許の取得に関する情報が満載です。